3

Vol.1 マニフェスト

MANIFESTO

初めまして、シトウレイです、Bonjour! SONIYA RYKIELの50周年という記念すべきこの1年、オフィシャル・ジャーナリストに就任することになりました。みなさまどうぞ、よろしくお願いします!

まずは私の自己紹介から。私はストリートフォトグラファー、そしてジャーナリストとして「自分がいいと思ったもの、好きなものだけを言葉と写真で切り取り、伝えること」がお仕事です。「好きなものだけ」にこだわってるので自分でいうのもなんですが、わりと(結構?)偏ってると思います。と、いう訳で今回も独断と偏見でソニアの魅力を伝えていきたいと思います。みなさまどうぞお付き合いあれ♪

この就任のお話を頂いてから、絶賛ソニアについて文献資料を読み漁り、リサーチを深める毎日なんですが、、、、もうこれすーーーーーっごい楽しくて!(ご存知の方はいらっしゃるかもしれませんが、シトウ一旦のめりこんだら手が付けられない生粋のギーク体質です。)

ソニアを研究すればするほど彼女自身に魅了されちゃって、もう!何ていうかソニアは男の人は勿論、女も惚れる女!細胞レベルで恋しちゃうマダム!ちょっと彼女のこと話していい?ソニアはですねー、まず①パリを代表するデザイナーであって、同時に②インテリアや空間デザインでも卓越するセンスがある人で、かつ③作家活動もしてるかと思えば④歌手でもあって、あとそして…ちょ、待てよ(←キムタク風)!これ絶対私ソニアについて語ると終わらなくなる、無限熱弁パターンになりそうなのでこの辺で自粛しときます、またぜひこれは次の機会に!

そう!今日私が伝えるべきは、コレ、MANIFESTO! 50周年アニバーサリーイヤーの第一弾のイベントの事。今ちょうど東京ではGINZASIX、大阪では阪急うめだ本店でやってるんです。

3
自由にメッセージや言葉を書き込めるこの壁。シトウも書き込んでみました。どれか解ります?
4
こういう落書きできるのって、問答無用にワクワクしません?銀座に行く度におじゃまして書き込みたいわ… !
1
カプセルコレクションはどれもこれもウイットに富んだものがおおいんだけど、とりわけに!この腰に巻いてるセーター…と見えて実はエプロンのようなデザインになっている通称「着ないセーター」にソニアの遊び心を感じてグッときました。聞けばアーカイブからリバイバルしたデザインとのこと。ソニア、とばしてる…!
6
湯浅さんがイラストをiPodで描く様子はなんだか次世代感ありました!しかもものの5分位で出来上がってて。感動! 出来上がったイラストがコレ!キャワエエ、、、!!!インスタのアイコンにしようかしら。

作家活動もしてた、、、という事からお察しの通り、ソニア自身が言葉を紡ぐのが好きな人だったという事もあって「Off-The-Wall Dictionary(型破りな辞書)」というちょっと変わった辞書を出版してたんですね。それは彼女の好きな単語を400個くらい集めて説明がされている、インテリジェンスかつウイットに富んだ一冊で。

例えば彼女の好きなワインのソーテルヌだったら「フランスのAOCワインの1つで、ガロンヌ川左岸のコミューンであるソーテルヌとその北に続く…(以下省略)」とかWikiとかに載ってる一般的なソレじゃなくて、ソニア独自の個人的見解で紹介されているんです!ソーテルヌを「ろうそくの光のくゆる中で、大人の女性が一人の時間を楽しむための雫」とかみたいに書いてあったら、ソーテルヌを知らなくても「何か素敵なものだわ!」って飲んでみたくなるもの。何かを説明するときに大事な事って、相手に正しい知識を伝える事は勿論大事かもだけど、そのものをパッと的確にイメージさせる事の方が必要なことだったりするし。


「PARIS」「SECRET」「BEISER」…今回のコレクションはその辞書から引き出された言葉たちが服の上に紡がれてます。

服を手に取り立ち止まり、「ソニアにとってこの単語の意味はどういうのだったんだろう」って想像をふくらますもよし、はたまた「自分だったらどういう解釈をつけるかな」って考えるのも楽しいし。それぞれに思いを馳せてもらえたら。それって即ち服を介してソニア自身との(もしくは自分自身との)会話である、とも言えますよね。

そうそう!言葉がテーマにあるこのイベント。もう一つお楽しみがありました!壁一面が書架のようになっていて、その背表紙は空白です。ここ、自分が好きな言葉を誰もが自由に書けるんです!

ぺンを片手に自分の「言葉」を、残して行ってもらえたら、と思います。

イベントの初日はイラストレーターの湯浅望さんがポートレートを描いてくれる、というスペシャルなサービスも。シトウのちゃっかり描いてもらいました!(しかも若干盛ってくれてる(笑)。)


ではでは今日はこの辺で。また次回お会いできるのを楽しみにしています!

Au Revoir!



●SONIA RYKIEL Pop Up Store

【GINZA SIX】

日時:1月17日(水)〜30日(火)

住所:東京都中央区銀座6-10-1 2F「SIXIEME GINZA」

営:10:30〜20:30

【阪急うめだ本店】

日時:1月17日(水)〜23日(火)

住所:大阪市北区角田町8-7 3F コトコトステージ 31

営:10:00〜20:00(日〜木)、10:00〜21:00(金・土)

お問い合わせ:ソニア リキエル ジャポン

Tel:03-6447-5573

Sonia Rykiel
Femme Club

パリ、サンジェルマンからの特別招待や最新情報はこちらから。